カンビア県農業強化支援プロジェクト

カンビア県農業強化支援プロジェクト

シエラレオネ共和国では1991年から政府軍と反政府勢力との戦闘が続いていたが、1999年より国連派遣団(UNAMSIL)監督下でDDR(元兵士の武装解除・動員解除・社会復帰)が進められ、2001年5月に政府と革命統一戦線(RUF)との間で停戦合意が成立してからは、社会・経済・治安状況は都市部を中心に徐々に回復している。2007年8月には大統領・議会選挙が成功裡に行なわれコロマ新大統領が誕生し、内戦終結以来、初の民主的政権交代を果たした。

熱帯雨林気候帯にある同国は、肥沃な土壌と豊富な雨量・日射量に恵まれ、稲作を中心にキャッサバやナッツ、サツマイモなど多くを栽培する農業ポテンシャル…

更新情報

2006年2月1日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
シエラレオネ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2005年11月18日
協力期間:
2006年2月1日から2009年3月31日
相手国機関名:
業林業食糧安全保障省(MAFFS)カンビア県事務所、ロクープル稲研究所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。