アッパーナイル州マラカルタウン社会経済インフラ総合開発及び緊急支援計画策定プロジェクト

2011年7月9日独立した南スーダン共和国は長年にわたる紛争によってハード・ソフト双方の面において本格的な開発が必要であることに加え、2005年の包括和平合意以降、比較的治安が安定した首都ジュバタウンに開発が集中した結果、開発の恩恵を受けられない地域との格差が顕在化しつつあり、新国家開発に向けた課題は多い。 本プロジェクトの対象地であるマラカルタウンは、北にスーダン国と国境を接するアッパーナイル州に位置する、東西約3km×南北約8km、人口約12.6万人の都市である。1970年代の南北統一政府時代には浄水場、道路、港湾等の社会経済インフラが整備され南部スーダン3大都市の一つとして発展し、…

更新情報

2013年7月31日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
南スーダン
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2011年10月18日
協力期間:
2012年2月7日から2014年2月6日
相手国機関名:
責任機関:南スーダン政府都市計画・インフラ省 実施機関:アッパーナイル州政府

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。