公共水栓の運営形態に係わるヒアリング調査を実施しました。

2010年12月10日

12月6日から10日まで公共水栓の運営形態に係わるヒアリング調査を実施しました。本プロジェクトでは、SSUWCの財務体質の改善に向けた準備の一環として、今後増加が見込まれる公共水栓の運営に関する調査分析を行います。

公共水栓の運営形態には、1.コミュニティ管理、2.パヤム管理(市の下部行政区分)、3.民間委託による管理によるものの3つがあり、本プロジェクトではヒアリング調査を通じて、この3形態の運営方法、料金体系、料金徴収方法、利用実績等を把握し、各形態の利点・問題点を分析します。

【写真】

ヒアリング調査風景1

【写真】

ヒアリング調査風景2