流量計を設置しました。

2011年10月31日

送配水幹線の流量を把握するため、8ヵ所に流量計室を建設し、流量計を設置しました。流量計室の建設は現地業者に委託し、流量計の設置は水道公社職員が実施しました。

対象管路は、鋼管1ヶ所、アスベスト管3ヶ所、PVC管4ヶ所でした。
管切断時におけるアスベスト粉塵の人体への有害な影響を防ぐため、防護マスク及び防護ゴーグルを5セット準備し、安全管理に努めました。管切断時には専門家及び水道公社配水課の監理者が散水を指示し、空気中へのアスベスト飛沫の飛散を防ぎました。

【写真】

流量計寸法の計測

【写真】

バルブと流量計の設置

【写真】

アスベスト粉塵に対する防護