パイロット公共水栓を建設し、試行的運用を行っています。

2012年1月31日

今後、ジュバ市内に120ヶ所の公共水栓の建設が予定されており、将来、公共水栓がジュバの給水において重要な位置を占めると考えられております。現在、ジュバには50ヶ所程度の公共水栓が利用されていますが、その経営形態や料金体系、料金徴収は多様であり、どれが最も効率的な形態かがわからないまま運用されております。そのため、公共水栓の経営形態・実施、および適切な運営方法を調査・検討した上で公共水栓を3ヶ所建設し、調査結果に関する試行・検証を行っております。

2011年11月に、ジュバ、ムヌキ、カトールの3か所に公共水栓が建設され、民間とコミュニティ主体の2つの管理形態により、試行的運用を実施しております。

【写真】

公共給水栓(ジュバ)

【写真】

公共給水栓(ムヌキ)

【写真】

公共給水栓(カトール)