ジュバ廃棄物管理能力強化プロジェクト

南部スーダンは、北部スーダンとの間で結ばれた包括和平合意に基づき行われた住民投票での結果を受けて、2011年7月9日、南スーダン共和国として独立した。近年、同国の首都ジュバでは、急速な都市化における経済発展や人口急増によって、環境汚染、生活環境の悪化が喫緊の課題となっている。 廃棄物管理分野においては、収集システムが確立しておらず収集車両も不足しているため、一部のマーケットやホテルなどの事業所を除いては、定期的な収集は行われていない。そのため廃棄物が街のいたるところに不法投棄されており、感染症等への罹患リスク増大が懸念される。 また、ジュバ市の中心から南西に13kmほど離れた場所に…

更新情報

2013年11月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
南スーダン
課題:
環境管理
署名日:
2011年7月4日
協力期間:
2011年10月31日から2014年10月30日
相手国機関名:
環境省、ジュバ市役所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。