ジュバ近郊の平和の定着に向けた生計向上支援プロジェクト

ジュバ近郊の平和の定着に向けた生計向上支援プロジェクト

スーダン共和国は、1956年の英国からの独立を前にした1955年から南北間の内戦が始まり、70年代の約10年間を除き、アフリカで最も長い内線が継続した。2005年1月にこの内戦を終結させる南北包括和平合意(CPA)が成立し、それを受け、我が国は「平和の定着」のための支援を再開した。南スーダンにおいては、平和の回復に伴って国内外からの避難民の帰還が加速しており、帰還民の再定住、社会への統合のためには、社会・経済インフラの整備と共に、農村部の生計向上及びこれを支援する行政サービスの拡充が喫緊の課題となっている。

本プロジェクトの対象地域であるジュバ市近郊の農村社会は、先住民、内戦中に…

更新情報

5月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
8月10日
プロジェクトニュース」を更新しました。
7月16日
プロジェクトニュース」を更新しました。
3月25日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
南スーダン
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2008年12月10日
協力期間:
2009年2月10日から2012年2月9日
相手国機関名:
南部スーダン政府 組合・農村開発省
中央エクアトリア州政府 社会開発・ジェンダー・宗教省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。