トリンコマリー県住民参加型農業農村振興開発計画プロジェクト

トリンコマリー県住民参加型農業農村振興開発計画プロジェクト

スリランカ国は、面積6.6万Km2(北海道の約0.8倍)に1,930万人の人口を有し、シンハラ系(73%)、タミル系(18.0%)、モスリム系(8.0%)など で構成される多民族国家である。同国の一人当たりGDPは947ドル(2003年)で、米、紅茶、ゴム、ココナッツを主要産物とする農業は、全GDPの20%、就労人口の 30%を占めている。同国では、分離独立を求めるタミール過激派「タミール・イーラム解放の虎(LTTE)」と政府との内戦が、1970年代後半から20年以上にわたり続 いたが、2002年の暫定停戦後は徐々に復興が進み、内戦の最前線となっていた北・東部州でも国内外の避難民が再定住しつつ…

更新情報

2005年10月31日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
スリランカ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2005年9月9日
協力期間:
2005年10月31日から2009年10月30日
相手国機関名:
国家建設・エステート基盤振興省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。