フロントライン母子保健強化プロジェクト(マザーナイル・プロジェクト)フェーズ2

 英語

スーダン共和国(以下、「スーダン」とする)では妊産婦死亡率が1,107(対100,000出生)1歳未満児死亡率は81(対1,000出生)であり、いずれの数字も世界平均の、260、45に比して高い。その原因として地方の妊産婦や母親、新生児等が利用できる医療施設やサービスが限られていること、必要な保健医療人材が不足していること、住民の間で産前ケア(Antenatal Care:ANC)・産後ケア(Postnatal Care:PNC)や分娩介助などの医療サービスを受ける必要性に対する認識が低いこと、リファラルの体制が脆弱であること、医療資材や消耗品・医薬品などが不足していること、既存の医療施設と機…

更新情報

2014年7月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
スーダン
課題:
保健医療
署名日:
2011年6月6日
協力期間:
2011年8月10日から2014年8月9日
相手国機関名:
連邦保健省プライマリーヘルス部リプロダクティブヘルス課

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。