プロジェクト概要

プロジェクト名

(科学技術)根寄生雑草克服によるスーダン乾燥地農業開発

対象国名

スーダン

プロジェクトサイト

スーダン科学技術大学農学部、ゲダーレフ州

署名日(実施合意)

2009年11月10日

協力期間

2010年3月1日から2015年2月28日

相手国機関名

スーダン科学技術大学

背景

【写真】

スーダンで最もソルガム生産が盛んなゲダーレフ州でのストライガ被害状況(2010年10月19日撮影)

【写真】

日本人短期専門家(写真左)から新しく導入された機具の使用法について教わっているスーダン人研究者

スーダンの可耕地は約8,400万ヘクタールに及びますが、このうち定期的に耕作されているのは1,000〜1,400万ヘクタール程度であるとされています。スーダンの農業部門は、伝統的天水農業(700万ヘクタール、全耕作面積の約50パーセント)、機械化天水農業(500万ヘクタール、同35パーセント)、灌漑農業(195万ヘクタール、同15パーセント)の3つのサブセクターに分類されています。主要作物は、ソルガム、ミレット等の主穀物、小麦、綿花、アラビアゴム等の輸出・工芸作物、ゴマ、落花生等の自給兼換金作物であり、合計作付面積は730万ヘクタール(全耕作面積の50パーセント以上)にのぼります。このうち、伝統的天水農業で生産されるソルガム、ミレットの作付面積は550万ヘクタール以上(全耕作面積の40パーセント、伝統天水面積の80パーセント)と推計され、スーダンの食糧生産の中心的位置付けにありますが、乾燥地に特有の年間降雨量の年較差が大きいことにより生産は常に不安定な状況にあります。

根寄生雑草「ストライガ」は、サブサハラ乾燥地のソルガム、ミレットの生産を阻害する最大の生物的要因とされ、スーダン国の食糧安全保障、貧困問題に深刻な影響を与えています。それは、スーダン国の伝統的天水農業が農村部貧困層の中核をなす小規模農家を担い手としており、乾燥条件下、低投入により同じ土地で主穀物を連作せざるを得ない状況がストライガの発生を助長するとされるためです。これによって、経営状況の苦しい小農ほど生産が低下するという悪循環が形成されています。

また、ストライガは、乾燥条件下で栽培されるイネ科植物を宿主とするため、現在まで陸稲栽培地域での発生も確認されており、今後サブサハラ地域での陸稲の導入・普及に伴う被害の拡大が懸念されます。

ストライガの生理生態は未だ科学的に解明されていない部分が多く、現在まで効果的な防除方法が確立されていません。こうした状況下、スーダン科学技術大学は日本の神戸大学との共同研究を1994年以来行ってきており、ストライガの生理生態学的特性の解明に大きく貢献してきました。また、研究の過程を通じて、日本側研究者からは天然物化学、生化学、分子生物学を応用した解析技術が提供されました。このような成果を踏まえ、2008年スーダン国から日本政府に対して科学技術協力プロジェクトの枠組みによる共同研究が要請されるに至りました。

目標

上位目標

ストライガ防除法が国内外で広く利用される

プロジェクト目標

スーダン科学技術大学(SUST)のストライガ対策に関わる研究・開発・普及(RDE)能力が向上する

成果

成果1:革新的なストライガ防除技術が開発される

成果2:農民学校の実施地区において農民のストライガ管理のための取組が改善される

活動

1-1)自殺発芽誘導物質の開発

  1. 構造改変により発芽刺激物質の化学的安定性を高める
  2. 更なる化学修飾により発芽刺激活性を高める
  3. 当該発芽刺激物質の圃場での有効性が検証される

1-2)ストライガ防除微生物の探索

  1. ストライガの発芽を阻害または促進する微生物を探索する
  2. 有効な微生物を発見する
  3. 当該微生物のストライガ防除剤としての有効性が圃場で検証される

1-3)選択的除草剤の探索

  1. 特異的な代謝プロファイルが分かる
  2. 当該代謝がストライガの生存に必須であることが分かる
  3. 当該代謝を阻害する薬剤が発見される

1-4)宿主養水分収奪機構の解析

  1. ストライガの水分生理特性が解明される
  2. ストライガを抑制する水管理条件が解明される
  3. ストライガを制御できる作物の栽培条件が解明される

1-5)イネ・ソルガムのストライガ抵抗性と環境適応性の評価

  1. イネ・ソルガムの遺伝子源を収集してストライガ抵抗性を評価する
  2. ストライガ抵抗性の系統を選抜する
  3. 選抜した系統のうち環境適応性を有する系統を選抜する

1-6)抵抗性/耐性作物の選抜と新規輪作体系の考案

  1. 新規導入作物のインビトロでのストライガ抵抗性を評価する
  2. 新規導入作物の圃場でのストライガ抵抗性を評価する
  3. 選抜された作物を組み合わせた新規輪作体系を考案する

2-1)伝統的知識及び新技術受容性の調査

  1. 伝統的知識を収集し、農学/社会学的な観点から長所・短所を確認する
  2. 農民学校を通じてストライガ抑制技術を農家に移転し、新技術への受容性を確認する
  3. 生産者の受容性を踏まえ、有用な情報を現地語で提供する

2-2)ソルガム・コメの現地生産者・消費者の嗜好性調査

  1. 従来のソルガム・コメ生産・消費方法に関する情報を収集し、実態を明らかにする
  2. 生産者・消費者の双方に受容されるソルガム・コメ品種の特性を明らかにする
  3. 生産者・消費者へのソルガム・コメ品種の普及に資する情報を現地語で提供する

2-3) 発芽刺激物質生産性に基づく輪作体系の改良

  1. 発芽刺激物質高生産性のトラップクロップ(ストライガ非感受性作物)を選抜する
  2. 発芽刺激物質低生産性のソルガムを選抜する
  3. 発芽刺激物質生産性に関する知見を活かして改良された輪作体系を提案する

投入

日本国側投入

  • 専門家
    • 長期専門家:業務調整員1名
    • 短期専門家:9名
  • 資機材
    • 研究用の資機材(ジェネレーター、実験器具等)
    • プロジェクト車両(四駆)2台
  • 招聘研究員受入
    • 短期研究

相手国側投入

  • カウンターパート
    • リーダー1名
    • 研究者13名
  • 資機材
    • 研究用資機材の一部
  • 施設
    • プロジェクト事務所
    • 実験室
    • 試験圃場
    • スーダン科学技術大学付属の研究施設
    • ストライガ防除研究のための圃場試験(農民の畑の一部を利用して実施。成果1の活動の一部)及び文化人類学的調査研究(成果2の活動)の対象となる農村地域