水供給人材育成計画

水供給人材育成計画

現在、スーダン の安全な水へのアクセス率は59%、うち都市部では70%の住民に30〜50リットル/日・人、農村部では52%の住民に6〜18リットル/日・人が供給されており、サブサハラアフリカの平均程度である。スーダン国家25ヵ年給水計画(2003〜2027)では、アクセス率を2027年迄に100%、且つ給水量を都市部150リットル/日・人、農村部50リットル/日・人とすることを目指している。

スーダンでは国営水公社(PWC)が給水事業に責任・権限を有していたが、地方分権化政策により、統一政府議会決議番号38第4期(1995)が施行され、維持管理についてはPWCから州水公社(SWC…

更新情報

2010年11月30日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
スーダン
課題:
水資源・防災
署名日:
2008年4月8日
協力期間:
2008年6月23日から2011年6月22日
相手国機関名:
国立水供給公社