ICARDA(国際乾燥地農業研究センター)インハウスセミナーへの参加

2010年3月15日

2月17日にICARDAで毎週実施されているインハウスセミナーに参加し、外部講師として発表する機会をえた。松島総括からシリアの逼迫した水事情と節水をすすめるプロジェクトの考え方、プロジェクト活動の実施方法について概要紹介する説明がなされた。通常ICARDAでおこなわれる研究発表会とは趣の異なる講演となり、節水灌漑普及を遂行するうえでの農民の実際の反応や実地に応用していくうえでの課題についてなど、聴衆から質問が次々にだされた。また参加した研究者のなかからは、来年度ICARDAで実施予定の第三国研修においてプロジェクトのデモファームを積極的に活用する旨の提案もだされた。翌日はアレッポのジネにあるデモファームにてICARDAとの共同の現地検討会がおこなわれ、土壌採取、農家への聞き取り調査などの活動をおこなった。

【写真】

松島総括によるプレゼンの模様

【写真】

ジネデモファームでの土壌採取