県農業開発計画(DADPs)灌漑事業推進のための能力強化計画

 英語

タンザニア(以下「タ」国)における農業は、GDPの約25%以上、輸出総額の約4割程度を占め、人口の3分の2の生計を支えている基幹産業であるが、大部分が天水に依存する小規模生産形態であり、干ばつ等の自然条件の変動に農業生産が大きく左右されている。灌漑開発は農業生産を改善するための重要な手段であり、農村地域における貧困緩和に対して効果的なアプローチの一つであると捉えられている。
「タ」国における灌漑開発事業は、かつて中央の農業・食糧安全保障・協同組合省灌漑技術サービス局(以下DITS)及びDITSの地方の出先機関である灌漑ゾーン事務所(全国7ヶ所)の管轄下にあったが、2002年に策定された「…

更新情報

1月6日
資料集」 を更新しました。
9月2日
資料集」 を更新しました。
5月23日
資料集」 を更新しました。
3月6日
プロジェクトニュース」 、「資料集」 を更新しました。
11月29日
プロジェクトニュース」 、「資料集」 を更新しました。
対象国:
タンザニア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2010年10月22日
協力期間:
2010月12月10日から2014年6月8日
相手国機関名:
農業・食料安全保障・共同組合省