地方道路開発技術向上プロジェクト

 英語

全地方道路は、44パーセントがメンテナンス工事の必要とされる「酷い状態(Poor Condition)」となっており、舗装も756キロと僅か1パーセント程度に過ぎず(2011年)、量・質の両面から改善が望まれている。このような背景を踏まえ、建設省(MOW)はILO(国際労働機関)等によりその有用性が指摘されているLBT(Labor-Based Technology;人力を多用した道路工事手法)の道路事業への活用を推進しており、「タ」国政府はLBT研修の機能強化に対する支援を我が国に要請した。これを受けてJICAは適正技術研修所(ATTI)をカウンターパート機関とし、「LBT研修能力強化プロジェ…

更新情報

2015年11月20日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
タンザニア
課題:
運輸交通
署名日:
2011年10月24日
協力期間:
2012年2月24日から2016年3月25日
相手国機関名:
首相府地方自治庁、建設省(協力機関)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。