防災能力向上プロジェクト フェーズ2

タイ国政府は2002年に、防災・災害対策全般について責任を持つDDPMを内務省内に設置する等、防災・災害対策の強化に取り組んできた。2004年12月のスマトラ島沖地震による大津波でプーケット島などタイ南部を中心に多数の死傷者を出したことで、タイ国内の防災・災害軽減に対する関心がさらに高まった。

2006年、タイ政府は日本に対し、DDPMの防災・災害軽減担当機関としての能力向上及び地方・コミュニティにおける災害対応能力向上を目的とする技術協力プロジェクトと、学校防災教育に係る技術協力プロジェクトを要請、「防災能力向上プロジェクトフェーズ1」(2006年8月〜2008年8月)を実施し…

更新情報

10月18日
ニューズレター」 を更新しました。
7月14日
ニューズレター」 を更新しました。
6月28日
ニューズレター」 を更新しました。
3月8日
プロジェクトホームページを開設しました。
対象国:
タイ
課題:
水資源・防災
署名日:
2010年3月9日
協力期間:
2010年6月7日から2014年5月31日
相手国機関名:
内務省防災軽減局(DDPM:Department of Disaster Prevention and Mitigation, Ministry of Interior)、教育省(MOE: Ministry of Education)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。