環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援

 英語

環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援

タイ国では、工業化や都市化の進行を背景に深刻な大気汚染問題を抱えている。この問題に対しタイ国天然資源環境省公害規制局(PCD)では、硫黄酸化物や浮遊粒子状物質などの伝統的な大気汚染物質について環境基準値を設け、バンコク首都圏を中心に全国でモニタリングを行い、大気汚染対策に取り組んでいる。

また、光化学オキシダントの生成の原因となる物質の一つとして知られている揮発性有機化合物への対策として、先般JICAが実施した「環境基準・排出基準設定支援プロジェクト(揮発性有機化合物:VOCs)」(2006年2月〜2008年2月)では、対象となる大気汚染物質の体系的なモニタリングを実施し、環境基…

更新情報

2011年12月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
タイ
課題:
環境管理
署名日:
2010年7月8日
協力期間:
2011年3月1日から2015年2月28日
相手国機関名:
天然資源環境省公害規制局、工業省工場局、工業団地公社

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。