プロジェクト活動

MDT機能強化のための活動例

メンバーおよびチームの能力強化

  • MDT活動のための実施ガイドラインの開発
  • MDT活動のためのケースマネジャーの育成
  • MDTメンバーの能力向上およびネットワーク強化のための研修等の実施

情報・経験の共有

  • MDTアプローチに関わる教訓の検証と情報の共有
  • MDT成功事例集作成
  • MDTに関する情報や経験の国内外の関係諸機関との共有と連携の強化
    1. メコン地域ワークショップ
    2. 日本−タイ ワークショップの開催

被害者中心の支援モデルの構築を通じたMDT強化

  • 被害者によるピアサポートグループ支援
    「被害者の声」の冊子発行など被害者の声を聞くための活動

プロジェクト概念図

【図】

強化されたMDTとは?

個々のMDTメンバー

  • 人身取引に関する知識をもっている
  • 人権、ジェンダーに基づいて対応できる
  • メンバー間のネットワークが強化されている

MDTチーム

  • 実施ガイドラインが用いられている
  • ケースマネジャーが機能している
  • BATWCの調整機能が強化されている
  • 被害者中心のアプローチがとれている
  • MDTアプローチに関わる教訓と情報が共有されている

2009年度に実施した主な活動

(活動の詳細はプロジェクトニュース「MDT通信」をご覧下さい。)

  1. 実施推進体制の確立(プロジェクトの方針や実施を決めるための会議の定期的な開催、担当者の決定など)
  2. MDTの機能強化のためのワークショップの実施(合計4回)
  3. 被害者満足度に関するベースライン調査の実施
  4. 第1回本邦研修の実施(日本−タイ ワークショップ)
  5. 第1回メコン地域ワークショップの実施
  6. 人身取引被害者体験談冊子出版(英語)
  7. 広報活動の実施(ホームページの立ち上げ、MDT通信発行など)

2010年度に実施した主な活動

(活動の詳細はプロジェクトニュース「MDT通信」をご覧下さい。)

  1. MDT機能強化のためのワークショップの実施(合計4回)
  2. MDT実施ガイドライン開発
  3. 被害者による社会復帰・自立支援モデル構築活動(NGO委託)
  4. パヤオ・チェンライ県MDTの分析
  5. 第2回本邦研修の実施(日本−タイ ワークショップ)
  6. 第2回メコン地域ワークショップの実施
  7. 人身取引被害者体験談冊子翻訳(日本語)
  8. 広報活動(ホームページ更新、MDT通信の発行など)

2011年度に実施予定の主な活動

  1. MDT 実施ガイドライン活用のためのワークショップおよびガイドラインの改訂
  2. ケースマネジャー育成
  3. パヤオ・チェンライ県MDT強化のための活動
  4. 被害者による社会復帰・自立支援モデル構築活動(NGO委託)
  5. 第3回本邦研修の実施(日本−タイ ワークショップ)
  6. 第3回メコン地域ワークショップの実施
  7. 広報活動(訪問者/視察者受入れ、ホームページ更新、MDT通信の発行など)