沿岸災害対応のための礫養浜パイロットプロジェクト

ツバル国は、国土のほとんどが標高1〜3メートルの環礁である。同国では海岸浸食が進行しており、これにより住民の生活に影響を及ぼしている事例も報告されている。特に、首都のあるフォンガファレ島には、ツバル全体の人口(約1万人、2011年センサス)のうち、約45%が居住しており、増加傾向にあることから、同島におけるサイクロン時期の高潮や海岸浸食対策が課題となっている。
こうした状況を踏まえて、ツバル政府はこのような沿岸災害の短期的な対応策の検討を目的とした協力を日本政府に要請し、これを受けてJICAは2009年8月から2011年2月まで「ツバル国におけるエコシステム評価及び海岸防護・再生計画調…

更新情報

2016年10月5日
プロジェクト活動」を更新しました。
対象国:
ツバル
課題:
水資源・防災
署名日:
2011年11月16日
協力期間:
2012年2月1日から2018年1月31日
相手国機関名:
外務・貿易・観光・環境・労働省 環境局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。