ツバル国におけるエコシステム評価及び海岸防護・再生計画調査

ツバル国におけるエコシステム評価及び海岸防護・再生計画調査

ツバル国(面積:25.9平方キロメートル、人口:9,652人(2006年、太平洋共同体事務局)、ツバル国は国土のほとんどが標高1〜3メートルと低平な環礁で、地球温暖化の影響による海面上昇により水没の危機に瀕している国として国際的に注目されている。一方、現在見られる海岸侵食や海水の湧き出しなどの現象は地球温暖化による降水量変化や海面上昇による影響よりも、人口増加に伴う環境負荷の増大(下水処理機能の不足による水質の低下、水質の低下によるサンゴや有孔虫などの生物減少、淡水レンズ汚染、淡水レンズ塩水化・縮小など)や居住地区の拡大(浸水地域への居住、海岸地域からの土砂採取など)が主因ではないかとの推量も…

更新情報

2011年3月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ツバル
課題:
水資源・防災
署名日:
2009年1月22日
協力期間:
2009年8月20日から2011年1月15日
相手国機関名:
ツバル天然資源・環境省環境局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。