看護教育改善プロジェクト

 英語

看護教育改善プロジェクト

ウズベキスタン共和国(以下、「ウ国」と記す)は1991年に独立し、旧ソ連とは異なる医療改革を開始した。我が国は、1994年から医療機材の無償資金協力を実施したが、ウ国は1998年11月「保健制度改革ついての大統領令」に基づき保健制度改革を進め、その重点課題の一つ、医療従事者教育の高度化として、1999年から看護教育制度改革が開始された。これは、同国が先進国の保健医療システムを分析した結果、専門的訓練を受けた看護師が国民の医療に重要な役割を果たしている事が明らかとなったため、世界的水準の看護を導入する事により看護の発展を促す事でその機能を十分に生かし、国民への医療サービスの向上を図ろうとするもの…

更新情報

2009年7月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ウズベキスタン
課題:
保健医療
署名日:
2004年4月28日
協力期間:
2004年7月1日から2009年6月30日
相手国機関名:
保健省、高等中等専門教育省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。