大型X線検査装置の引渡し式について

2010年4月2日

平成22年4月2日、大型X線検査施設の引渡し式がホーチミン市Cat Lai港において開催されました。この式典は、日本政府のテロ対策無償資金協力により、ベトナム政府に対してコンテナを検査できる大型X線検査装置及び施設を贈与するものです。ベトナムにおいては大型X線検査装置の導入は初めてであり、コンテナ貨物に係る検査の効率化が期待されております。なお、引渡し式においては、在越坂場日本大使から本装置の導入により、武器、麻薬等の不正物品の水際取締り、通関の迅速化に役立ててもらいたい旨挨拶がありました。これに対してニン財政大臣からは、この装置の導入により税関行政の近代化を期待するとともに、日本政府及び日本国民に謝意を表したい旨挨拶がありました。今後、同装置の効果的な活用を図る観点から、日本税関からの短期専門家派遣により同装置に係る画像解析についての研修を行うことになっております。

【写真】

式典出席の礼服姿の税関職員

【写真】

コンテナ検査模様(提供写真)
(後方X線発射ガントリー装置)