JICAフォローアップ協力による蛍光X線管の供与について

2010年10月30日

2010年10月26日から30日

【写真】

X線検査装置へのX線管(筒状の部品)取付け

JICA「フォローアップ協力」プログラムを活用して、「指導員養成プロジェクト」においてJICAからベトナム税関総局に供与した蛍光X線分析装置の部分品(X線管)を供与することとなりました。この装置は輸出入貨物の適正課税のため、貨物組成の分析に広く利用されている装置です。しかし、同装置のベトナム代理店においては取り付ける技術がないため、マレーシアの代理店から技術者が派遣され、取付けを行いました。今後、この装置を利用して輸出入貨物の分析が更に効率的に処理されることが期待されています。