ホーチミン市下水管理能力開発プロジェクト

ホーチミン市下水管理能力開発プロジェクト

ベトナム国は、インドシナ半島の東側に位置し、人口8,416万人(2006年)、国民一人当たりのGDPは809USドル(2007年IMF推定値)の 開発途上国である。同国は1986年の「ドイモイ(刷新)政策」採択以降、市場経済の導入などで年率8.48%(2007年)という著しい経済成長を遂げ ている一方、都市部における環境悪化が深刻化している。

ベトナム最大の都市であるホーチミン市は、人口611万人(2006年)、住民登録を行っていない流入人口を加えると700万人を超え、さらに年間20万人ずつ増加していると言われており、急速な都市化と工業化に伴い、未処理の家庭排水及び工場排水の流入…

更新情報

2010年11月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
環境管理
署名日:
2009年3月31日
協力期間:
2009年5月11日から2010年11月11日
相手国機関名:
ホーチミン市人民委員会 洪水管理センター