ベトナム北部中山間地域に適応した作物品種開発プロジェクト

我が国もその一部をなすモンスーンアジアでは、食糧のほとんどを稲作に依存し、コメの安定生産なくして、地域の安定や発展はありえません(2007年から2008年にかけ、アジア各地で起こったコメ不足による社会の動揺は、まだ記憶に新しいのではないでしょうか?)。異常気象が続く中、中国やインドといった人口超大国で水害や旱魃が起これば、これまで以上に、アジア地域における食糧の安定供給は脅かされ、食糧安全保障上の脅威は増すことでしょう。

こうした危機を回避するため、ベトナムでは、次世代型イネ品種の開発に取り組んできました。1990年代からの同国の目覚ましい経済発展も、高収量性イネ品種の普及による…

更新情報

12月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月15日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2010年10月27日
協力期間:
2010年12月3日から2015年12月2日
相手国機関名:
ハノイ農業大学

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。