ビズップ・ヌイバ国立公園管理能力強化プロジェクト

 英語

ビズップ・ヌイバ国立公園管理能力強化プロジェクト

ビズップ・ヌイバ国立公園は、ベトナム・ラムドン省の北東部に位置し、総面積は日本の尾瀬国立公園の約2倍に相当する70,038haとベトナム国内でも有数の大きな保護区である。1986年に自然保護区として指定された後、2004年に国立公園に昇格した。地理的に、周囲にある3つの自然保護区(北部にChu Yang Sin 国立公園、東部にPhuoc Binh 国立公園、南部にLam Vien 景観保護区)の中心に位置することから、これら3つの保護区を結ぶ回廊としての役割も有し、この地域一帯の生物多様性保全にとって極めて重要な価値を持つ。また、同公園は亜熱帯高山気候の多様な森林生態系を有し、山地熱帯降雨常…

更新情報

9月16日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ベトナム
課題:
自然環境保全
署名日:
2009年9月24日
協力期間:
2010年1月5日から2014年1月4日
相手国機関名:
ラムドン省人民委員会、ビズップ・ヌイバ国立公園管理事務所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。