応急処置研修(CBET)を実施しました

2011年4月30日

2011年4月から5月

プロジェクトでは、エコツーリズムのガイドに対し、観光客がエコトレイルを訪問した際に起きうる事態に何をすべきかという観点から、応急処置に関する研修を実施しました。例えば、転倒による捻挫と骨折の識別法、止血法、呼吸をしていない場合の対処法などです。24名の参加者を対象に、米国人のコンサルタントにより、カリキュラムが作成され、8日間の応急処置のための実用的、実践的な研修が行われました。