国営企業改革実施に向けた企業金融管理能力向上プロジェクト

ベトナム政府は1986年のドイモイ政策以降、計画経済から市場経済化・対外開放政策を推進し、1990年から2010年にかけての年平均GDP成長率も7%を超えるなどこれまで順調な経済発展を遂げてきた。他方で、GDPの約4割を未だ国営企業が占め、産業によっては国営企業による独占・寡占が続いているという構造的な課題がある。2011年以降、ベトナム政府は、経済成長重視の政策運営から、マクロ経済の安定と成長のバランスを重視した政策運営に転換、同年11月の国会において、2015年までに政府が取り組むべき最重要課題として、(1)国営企業改革、(2)銀行セクター改革、(3)公共投資改革を掲げ、2012年4月18…

更新情報

2016年9月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
ガバナンス
署名日:
2014年2月28日
協力期間:
2014年3月1日から2017年2月28日
相手国機関名:
財務省