ホアビン省保健医療サービス強化プロジェクト

ホアビン省保健医療サービス強化プロジェクト

ベトナム社会主義共和国は、1986年のドイモイ政策以降、民間保健医療サービスの自由化、自己負担制度や医療保険制度の導入等の様々な改革を行ってきており、その結果、保健医療の状況は大きく改善された。他方、貧困格差の拡大、山間部と都市部での医療サービスの格差の増大が新たな問題となってきており、また予算不足や行政マネージメントの能力不足など依然として課題が多いのが現状である。

上記の背景から、2001年10月に北部保健医療体制強化に関するプロジェクト形成調査団が派遣され、効率的かつ一般住民・社会的弱者層への裨益効果が高い保健医療体制を整備するために、リファラルシステムを再構築する必要性が…

更新情報

2009年12月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
保健医療
署名日:
2004年12月3日
協力期間:
2004年12月3日から2009年12月2日
相手国機関名:
ホアビン省人民委員会、保健局、保健省、総合病院他

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。