都市コミュニティ小児保健システム強化プロジェクト

ザンビアの乳幼児死亡率(U5MR)は、ザンビア人口保健調査(ZDHS)によると、対象人口千人当たり168(2002年)から119(2007年)に、また乳児死亡率(IMR)は、同95(2002年)から70(2007年)に改善したが、数値自体は依然として高い水準にある。その背景には、保健従事者数や保健施設数、そして政府予算の不足に加え、エイズの蔓延や貧富の格差、医療従事者を含めた知識階級の国外流出などがあり、ミレニアム開発目標に掲げられた乳幼児死亡率(U5MR)及び乳児死亡率(IMR)の目標値(63.6/1000及び35.7/1000)に向けた取り組みは決して平たんではない。

コミュ…

更新情報

2013年7月3日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ザンビア
課題:
保健医療
署名日:
2009年4月7日8実施合意)2010年9月6日(修正合意)
協力期間:
2011年3月11日から2014年3月10日
相手国機関名:
保健省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。