授業実践能力強化プロジェクト

ザンビアでは、基礎教育へのアクセス拡大に対する取り組みの結果、初等教育では94%の純就学率を達成したが、学習達成度は卒業試験合格率(9学年 52.7%、12学年19.8%、2009年)や東南部アフリカ地域学力比較調査 の結果(6年生の計算運用能力:参加14カ国中最下位)が示す通り依然低く、教育の質は大きな課題を抱えている。生徒の学習到達度が伸びない原因のひとつは、教員の教授能力の不足と考えられている。一般的な理数科授業では、教員は生徒が自ら試行錯誤しながら解を導くような教え方はせず、ひとつの解法プロセスや模範解答をなぞることによって学習させることが多い。このような授業では、基礎学力だけでなく、…

更新情報

10月21日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月10日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ザンビア
課題:
教育
署名日:
2011年9月13日
協力期間:
2011年10月30日から2015年12月31日
相手国機関名:
教育省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。