ザンビア投資促進プロジェクト −トライアングル・オブ・ホープ−

 英語

ザンビア投資促進プロジェクト −トライアングル・オブ・ホープ−

ザンビア国(以下「ザ」国)は、その独立以来、銅資源に偏重した経済・産業構造を有しており、産業の多角化が長年の課題となっている。2008年7月に銅の価格が市場最高値を記録するなど、鉱物資源の国際価格の上昇に後押しされ、近年のザ国は平均5〜6%のGDP成長率を確保し、安定した経済成長を経験していた。しかし、2008年後半に起こった世界金融危機に端を発し、銅等の鉱物資源の国際価格が急落し、ザ国内の鉱業セクターに大打撃を与えている。また、企業倒産や多くの失業者を生む事態となっており、実体経済への影響が出てきている。かかる状況を打開するため、ザ国政府は改めて、投資の増加を通じて経済の多角化及び経済成長を…

更新情報

2011年9月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ザンビア
課題:
民間セクター開発
署名日:
2009年8月21日
協力期間:
2009年8月21日から2012年8月20日
相手国機関名:
通商貿易産業省、ザンビア開発機構

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。