DIVERSITY

吉成 : 浅野さんはJICA職員である奥さまと二人三脚で子育てをしながら、海外赴任や海外の大学院への留学(海外長期研修)などを経験され、キャリアを積んでこられたと思います。様々な制度も活用されたと思いますが、海外赴任と子育ての両立、ご家族で過ごす時間の確保などを、どのように進めてこられたんですか?

浅野 : 私の歩みを駆け足でご紹介すると、2005年に入構し6年目の2010年にウガンダ事務所に着任しました。その直後に娘が日本で生まれ、生後9カ月の時に育児休業中の妻が子供を連れてウガンダに来ました。ウガンダは気候が良く家族にとっても暮らしやすい環境でしたし、職場と家との距離も近く、昼休みは帰宅して一緒に昼ご飯を食べたりもできました。海外では家族と過ごす時間を長くとることができたため、生活の充実感という観点からも、家族と一緒に過ごすことができ、良かったと思います。しばらく三人で暮らしていましたが、間もなく妻が復職を希望し、人事部の担当者がウガンダに出張で来た際に、妻とも面談をしてもらい、要望を伝えて相談しました。ウガンダで復職できるポストがあれば良かったのですが、次善の案として妻が入構後の海外研修(海外OJT)で経験していたラオス事務所への赴任を希望しました。間もなくそれが叶い、子供が2歳になるころに妻がラオスに子供を連れて復職しました。その時点では、ウガンダとラオスに離れて暮らすことになりました。

吉成 : 奥さまもウガンダで仕事ができればなお良かったですね。確かに本人の希望を踏まえ、ごく稀に夫婦で同じ事務所に赴任しているケースもありますね。JICAの海外拠点は90ゕ所以上あるので、組織として必要な人材配置と本人の希望のバランスをとる視点も必要になります。

浅野 : 離れて暮らすことにはなりましたが、上司や同僚の理解を得てラオス訪問のための休暇を取得したり、妻も同様に休暇を利用してウガンダに来たりして、日本とウガンダに分かれて暮らしている場合よりも頻繁に会うことができたと思います。その後、私は念願であった海外長期研修に応募し、2014年から1年間、英国に留学することになりました。妻は配偶者同伴休職制度(注1)を利用して、再度休職し、ラオスから子供をつれて合流。その後、第二子が英国留学中に生まれました。このときは私が2週間の育児休業を取得しました。在外事務所に勤務する職員の配偶者同伴休職制度の利用も、研修留学からの育児休業の取得も、前例がなかったのですが、人事部で柔軟に制度適用してもらい実現しました。

横田 : 奥さまもJICA職員ですし、きっとご自身のキャリアプランがあると思いますが、今のところはご主人先行ですね(笑)。

浅野 : 妻には感謝しています。二人ともJICAで成し遂げたいことがあり入構し、それぞれに目標があります。夫婦が協力しながらお互いの専門性やスキルを高めていくことは重要ですし、それについては話し合ってきています。確かに今までは私の希望が先行しているところがありますから、機会を見つけ“お返し”をしなければいけないですね。

吉成 : 浅野さんのように男性で育児休業を取得する人は非常に少なかったのですが、確実に増えてきました。2018年度は11人の男性職員が取得見込みです。身近に育児休業を取る人が存在し「あの人が取っているから自分も」という気持ちになれますからね。心理的なハードルが下がってきていると思います。

久保 : 私も今後大学院で学ぶことを考えているのですが、浅野さんはキャリアについてどのように考えているのですか?

浅野 : 私はアフリカと農業・農村開発という領域で、業務の幅を広げ、専門知識・経験を深めていけるようなキャリアを積んでいきたいと思っています。英国留学では計量経済・統計分野について学んだので、今後はさらにこの知識を深めて専門性を高めたいと思っています。

吉成 : ご自身のキャリアプランに沿って、うまく制度を活用しながら進んでこられたという印象があります。

浅野 : 周囲の人の理解も大きかったですし、制度の柔軟な適用などサポートしてもらえたと思います。夫婦とも、子育てをしながら在外事務所勤務を果たすこともできた一方で、子供を連れてラオスに勤務した妻には負担も大きかったと思います。運転手・ベビーシッターの方にはとても助けて頂きましたが、娘が体調を崩すことが度々あり、気苦労が大きかったと思います。私も、娘が病気になったときには、すぐに駆けつけることができず心苦しさを覚えました。家族は一緒に住むのが一番です。その点では私の時は叶いませんでしたが、夫婦で同じ事務所に赴任したり、配偶者が駐在する国へ赴任したりするという事例が今後増えていくことを期待しています。もちろん吉成さんが言われたような、在外事務所のキャパシティや組織としてのニーズという観点との兼ね合いがあるとは思います。

横田 : 今はJICA本部にお二人勤務されていますが、どのように育児の分担をなさっていますか?

浅野 : 英国から2015年に帰国し、私はアフリカ部に配属となりました。妻も第二子の育児休業から復職して東京で働いています。子供は8歳と3歳になり、時差出勤、在宅勤務、時間単位休暇などの制度を柔軟に活用しながら、二人で子育てをしています。子供を持ってからの8年を振り返ると、限られた時間で成果を出す力、具体的にはスケジュール管理能力、そして業務に対する集中力を高められたのではないかと思っています。また、育児を経験することで、同じ環境にいる同僚の状況を理解することができるようになりました。それはマネジメント力の向上にも直結すると思います。
育児関連の制度は整備されていて、誰もがその制度を利用できる環境にあり、実際に活用もされています。他方で管理職の男女比にはまだ偏りがあり、今後、育児休業等により生じる昇進時期の違いを埋めていくためには、人事制度の更なる発展も必要だと感じています。その点はマネジメントの立場で、今後私自身も考えていきたいと思っています。

吉成 : 確かにまだまだやるべき事はあると思います。管理職における女性比率の向上については、現在、経営戦略として組織的に女性管理職比率の目標値も掲げ取り組んでいますし、確実な達成、向上が必要だと思っております。
また、男女という切り口のみでなく、多様な働き方が認められる組織のかたちや人事制度については多面的な視点で丁寧に検討していく側面もあると思います。

吉成 : 久保さんはタイ事務所に小さな子供さんを連れて単身で赴任され、足かけ4年間仕事をされて、日本に帰国されました。まだ戻られて1カ月ですよね。タイ勤務や帰国後の配属先、さらに今後のキャリアプランなど、折に触れて人事部との相談を重ねられたと聞いています。どんな話をされてきたんですか?

久保 : 私は2009年の入構です。JICAが国際協力銀行(JBIC)の有償資金協力業務を継承して新JICAが誕生した後の第一期生ということになります。入構後、債権管理部で円借款の契約書の内容チェックや、事業開始後の貸付関連業務などに4年間従事し、その後中南米部で3年間、コロンビア、エクアドルの国担当などを経験しました。その間に子供が二人生まれ、第一子の時は3カ月、第二子の時は6カ月の育児休業を取得しました。子育てをしながらでも海外赴任したいという気持ちはずっと持っていたのですが、二人目の産休に入る前に人事部との面談機会があり、復職後の海外赴任も検討できると聞いて、背中を押してもらった気がします。

吉成 : 人事部との話は、具体的にどういうものだったんですか?

久保 : 「あなたも次は3部署目になるし、在外事務所を経験することで業務の幅も知識も格段に広がると思うよ。子供を連れて海外赴任する人もいるから、復職先として考えてもいいのでは」と薦められました。夫はJICA職員ではありませんが、ちょうどシンガポールへの赴任の話が出てきていました。私自身もアジアと日本の関係性に関心を持っていたこともあり、復職後は東南アジアの事務所で勤務したいと申し出たんです。最終的にタイに赴任することが決まりました。夫の赴任より先に、私が子供二人を連れてタイに行くことになりましたが、私のタイ事務所在任中に夫がシンガポールで仕事をするようになり、距離的にも近くなり、お互い頻繁に行き来することができました。

横田 : 私は久保さんより7期ほど先輩になりますが、子どもを持つのは在外事務所勤務の後に、という感覚でした。当時は小さな子供を伴って海外赴任される方の前例はほぼなく、いい意味で時代が変わってきたんだなと感じます。

久保 : 乳幼児の方が連れて行きやすいし、若いうちの方が私の体力もありそうな気がして(笑)。色んな条件・状況が重なって、人それぞれ「今なら行ける!」と感じるタイミングがあると思います。そういうときに、組織内で希望を相談できる風土は有難いです。

横田 : タイに行くとき、子供さんはおいくつだったんですか?

久保 : 上が5歳で下が11カ月でした。確かに最初のうちは知り合いも少なく、子供たちと健気に孤軍奮闘している感がありました。
実は復職前に人事部からは「海外赴任を薦めはしたけれど、実際は仕事と育児が大変で泣きながらやっている人もいるから、よく考えて、ご家族ともよく相談して」とも言われ、それで本気で準備に取り掛かりました。今はJICA内で、子連れ海外赴任の経験・知見をまとめて共有する動きがありますが、当時はまとまった情報がなかったので人づてに経験者を探してお話を聞いたりしました。赴任先の保育園・学校・シッターさんなど子育て事情を親族の手も借りて調べたり、家族会議をして役割・サポートを相談しあったりしました。赴任前にプライベートでバンコクに家族旅行し、住居の準備なども進めました。夫が「もし大変だったらぼくが仕事を辞めてついて行ってもいいんだから、まずはやってみたら?」と言ってくれたのは心強かったです。どうにかなるかな、と思えました。
実際、数か月、1年と経つにつれて自分たちのペースも掴めてきましたし、友人も増えて、業務内容も充実し、生活も仕事も楽しめるようになりました。バンコクの住みやすさやタイの人々の優しさにも助けられました。私はタイで鉄道建設や都市開発の案件を担当していたのですが、海外で家族と生活しながら、その国のための案件を動かす醍醐味を味わうという、贅沢な経験だったと思います。

横田 : 女性にとってキャリアか子供を生むかという二者択一はなくなってきていると思いますね。出産直後こそ、物理的にこれはできないということがあるかもしれないけれど、子供がいるからできない、ということはなく、両立していけると思います。しかも今は、それをサポートするいろいろな制度がある。もちろん改善点はまだまだあると思うけれど。
組織からのバックアップも大きいですよね。私の経験でも、自分はこれまでこういう業務をしてきて、今後はこういう業務に挑戦したいということを伝えれば、必ずしもすべてとは言いませんが、それに沿った配属もしてもらえる。自分のキャリア形成について考え・相談できる風土があるのはすごくいいことだと思います。その結果、自分が希望する方向で仕事ができるということは、キャリアにとってはもちろん、仕事が楽しいし、仕事が楽しければ子供にとってもいい影響があると思います。

吉成 : タイから戻ってきて、今後はどういったキャリアを考えているのですか?

久保 : 実は第三子の出産予定があります。また、現在夫がシンガポール勤務なので、私の実家に近い筑波センター勤務を希望して実現しました。海外、本部、そして国内と、業務先が多彩なところはJICAのいいところですね。それぞれにやりがいがあるし、フレキシブルに自分の道を歩んでいけると感じています。

吉成 : JICAには、入構10年目前後に、これまでの経験を棚卸・整理し、今後のキャリアについてメンターと共に考える「キャリアコンサルテーション」という制度があります。久保さんは入構10年目の職員としてキャリアコンサルテーションの機会があったのではないですか?

久保 : ありました。次にどんなことをしたいのか、各部署でどんな業務経験を積めるのか、人事部はじめいろいろなメンターの方と話す機会がありました。それまでは漠然とJICAが持つ多様なスキームを組み合わせて、最適な支援を提案できる幅の広い人材になりたいと思っていたのですが、今までの経験や自身の関心を改めて見つめ、強みとして掘り下げたい分野が見えてきました。特にタイ事務所時代に関心を持った都市・地域開発分野の案件に携わりながら、この分野の知見を深めていきたいと思っています。

吉成 : 横田さんもおっしゃっていましたが、社会人としての自分のキャリアをどう設計するか、きっちり決めるのは大変ですが、ある程度の範囲で自分はこういうキャリアを歩んでいきたいというものを思い描いていただいたほうが、組織としても配慮しやすくなるかと思います。一方、個人の適性は仕事をやってみて気づくこともあり、組織に求められる業務も変化していく点等から、硬直的にキャリアを決めるのではなく、中長期的な視点で柔軟性をもって考えていくことも大事だと思います。新たな仕事、初めて経験する仕事から得られるものも非常に多く、それが成長に繋がったり、新たな適性を見出したりすることもあります。

吉成 : 横田さん自身も、キャリアプランを明確にしながら進んでこられていますね。

横田 : やりたいことをやってきた、やらせてもらってきたといえるかもしれません。入構当時に遡ってお話しすると、先ほどもご紹介したように、留学や海外赴任は子供を持つ前に経験しようと考えていて、入構5年目の2006年から英国に修士留学し、その後、2008年にパキスタン事務所に赴任しました。夫がNPO代表としてフィリピンで仕事をしているので、パキスタン事務所の後の配属はフィリピンを希望しました。それが叶い、2010年からフィリピン事務所に3年勤務。夫と一緒に過ごすことができました。
帰国してから第一子を出産し、育児休業を1年間取得した後、農村開発部に復職。スリランカ、パキスタン、アフガニスタンなどを担当しました。私が希望していた部署のうちの1つです。2年前に第二子を出産して再び1年間の育児休業を取得。現在のジェンダー平等貧困削減推進室に復職しました。復職先の第一希望は夫のいるフィリピンでしたが、第二希望に決まりました。

吉成 : 二度の復職はいずれも海外や国内出張などもある部署ですが、それを希望されたんですね。

横田 : 人によって置かれた環境は異なり、残業・出張が少なく、比較的計画的に業務を進めやすい部署での復職を希望する方もいると思います。私は、出産後もできるだけ事業に携わる仕事をして、自分の専門性を伸ばしたいと思っていたので、教育、農業、環境といった課題別の観点から事業に携わる、いわゆる課題部への復職を希望しました。

久保 : 日々の仕事のやりくりや、出張はどうされているんですか?

横田 : 夫は変わらずフィリピンで仕事をしており、普段は一人で子育てをしています。月に2、3回は義理の母に応援してもらい、残業が必要な時はベビーシッターさんを頼んでいます。また、私の実家は遠方なのですが、2、3カ月に1度、1週間くらい泊まりがけで母に来てもらっています。海外出張は年に2~3回ありますが、そのときは夫がフィリピンから帰国して子供と過ごしています。家族やベビーシッターさんの助けなしに両立は非常に難しかったと思いますが、みんな私の仕事を応援してくれていて、とても有難いです。

久保 : お子さんが急に熱を出したり、ということもありますよね?

横田 : あります。それも不思議なことに、100人以上集まる場の司会を務めるような、大切な会議の前日に限って熱を出すんですね(笑)。

久保 : 確かに!

横田 : 病児保育などあちこち電話を掛けて、なんとか綱渡りということもあります。場合によっては、家からSkypeや電話で会議に参加したりすることもあります。半日単位や時間単位の休暇を取って子供を病院に連れて行くということもしやすいです。在宅勤務などいろいろな制度が充実しているので、それを自分で工夫して使うことが大切だと思っています。私の職場では、育児中の方のみならず様々な方々がそういった制度を活用しており、柔軟な働き方が「みんなのもの」になってきています。そのため、まわりに過剰に遠慮する必要はなく、それぞれが必要な時には助け合いながら、自分の仕事をきちんとするというスタンスです。

吉成 : JICAの育児や介護、研鑽や通院などに活かせる制度は、一定程度整備されてきたと思いますし、それを有効に使って自分の時間を確保することにお互いの理解があると思います。それは横田さんはじめ、久保さんや浅野さんたち制度を活用する人たちが、仕事をするときは集中して効率よく働いて成果を出し、休むときはきちんと休むというメリハリのある仕事をしてきたことが大きいと思います。だから納得感があり、制度として継続できているんだと思います。「JICAの制度は進んでいる」「参考にしたい」と他の組織の方も言われるのですが、制度のバリエーションとか充実度だけではなくて、それを使う人の効率的な仕事の仕方や職場内のコミュニケーションについての工夫や努力があって、働き方の風土といいますか、文化として醸成され、継承されているという点が根底にあるんだと思います。

横田 : 今私が所属しているジェンダー平等・貧困削減推進室では、途上国の人々に対する事業を実施するうえで、様々な格差や不利な状況を抱える脆弱な人々、特に女性の視点を反映し、女性のエンパワメントにつなげていくことを推進する業務を行っています。そういった事業の実施主体であるJICAが、組織としてジェンダーへの意識を高める重要性を日々強く感じ、組織内のジェンダー平等を進める取り組みも行っています。この取り組みを進める大きなモチベーションは、自分自身が出産・育児といったライフイベントを経験したことにあります。女性に家事・育児負担が大きく偏る現実、先ほど浅野さんも指摘されていましたが、その後のキャリア形成が一筋縄ではいかない難しさ、そういった事態に直面する多くの仲間と経験を共有する中で、この現状を少しでも変えていきたい、そしてそれが、女性であるが故に様々な困難や差別に直面している途上国の女性たち、女の子たちにより良い事業を届けることにつながると考えています。先日、5歳の息子が、「自分がお父さんになったら、お母さんが出張のときは僕が子供たちの面倒をみるんだ!」と嬉しそうに話しているのを聞いて、自分たちが男性も女性も色々な方々が活躍できる社会を担う次の世代を育てているのだ、と実感しました。ジェンダー平等・貧困削減推進室の業務を通してすべきこと、できることはたくさんあると手ごたえを感じています。

横田 : JICAに限らず国際社会を舞台とした仕事を選ぶうえで、海外出張や海外赴任をどうライフプランに組み込んでいくのかということは、特に女性にとっては永遠の課題で、正解や答えはありません。それでも、JICAにおいては、制度の活用、組織の柔軟な気風、そして自らの努力によって、キャリアを形成していくことは可能だと思います。様々なチャレンジはありますが、それに勝るやりがいのある仕事だと思います。世界が変わっていく中で自分たちの協力の仕方をどう変えていけばいいか、そのために組織をどう変えていくべきなのか、日々真剣に議論を重ねています。

吉成 : 組織として、全員が満足する100%の制度を提供することはできません。しかし、JICAでこれをやりたいという気持ちを持っている人には、長く活躍していただきたい。そのために、これからも制度の改善を不断に進めていきたいと思っています。一方で制度は何でも叶える“魔法の杖”ではありません。それを、キャリアや自身の成長の中でどう使っていくかは、利用する人それぞれの選択だと思います。ぜひ皆さん自身で創意工夫をして取り入れていってほしいですね。
また、これまでは育児の話が中心でしたが、ご病気で通院生活との両立を図る人、介護を抱える人、いろいろな事情がある中で一緒に働く人を認め合い、助け合うことが大事だと思っています。自分はこういう支援をしてもらった。次は自分が支援していこうという、お互いに支え合う組織文化がJICAにはあります。そういった文化を、今後さらに深めていきたいと思います。

(注1)職員の配偶者が仕事等により外国に滞在する場合において、当該職員がその配偶者と同じ場所で生活することを希望する場合に、休職により配偶者への同伴を認める制度