JICAと世界の関わり方

なぜ開発途上国を支援しているのか。
そして、どのような支援を行っているのか。
日本のODAを一元的に実施する唯一の開発援助機関として、
JICAが担う役割についてご紹介します。

日本の平和と繁栄を実現する戦略的ツールとしてのODA

JICAは日本のODA(政府開発援助)を一元的に実施する機関ですが、
ODAは富める者が貧しい者に施しを行う“慈善事業”ではありません。
ODAは、国際社会の共通の利益(国際益)を求めるアクションを通じて、
“自国の安全と繁栄の確保”という国益を実現するための戦略的ツールでもあるのです。
JICAが取り組む事業、それは開発途上国に安定と繁栄を実現するという
国際社会における責務であり、また相互依存を深める世界の中で人々と共存し、
日本にも豊かさをもたらすための牽引力でもあるのです。

ODA 政府開発援助

二国間協力 多国間協力(国際機関への拠出)

JICAの支援メニュー

JICAは、日本のODAを一元的に担う世界有数の包括的な開発援助機関です。技術協力、有償資金協力、無償資金協力を中心としたさまざまな支援メニューと1兆円を超える事業予算を効果的に活用し、開発途上国が抱える課題解決を支援するために、世界の150以上の国と地域で事業を展開しています。

技術協力

開発途上国の人材育成、制度構築のために、専門家の派遣、マスタープラン策定、必要な機材の付与、途上国人材の日本での研修などを行います。技術やノウハウの伝授などのソフト面での協力を行い、開発途上国自らの課題解決能力を向上させます。

有償資金協力

円借款は、一定以上の所得水準を達成している開発途上国を対象に、長期返済・低金利という穏やかな条件で資金の貸付けを行います。多額の資金を要する経済・社会インフラ整備などにあてられ、また、海外投融資は、開発途上国において行われる民間事業を資金面で支えています。

無償資金協力

所得水準が低い開発途上国を対象に、返済義務を課さずに開発資金を供与するものです。学校、病院、井戸、道路などの基礎インフラの整備や医薬品、機材などの調達にも充てられます。

国際緊急援助

海外で大規模災害が発生した際、被災国政府や国際機関の要請に応じて、日本政府の決定のもと、国際緊急援助隊を派遣。被災者の救助と救援物資の供与を行います。

市民参加協力

ボランティア事業をはじめ、JICA基金による寄附金の運営や途上国が抱える課題への解決を深める開発教育支援を行っています。また、NGO、自治体、大学などの国際協力活動を支援し、さまざまな形で連携しています。

JICAの役割

日本のODA(政府開発援助)を一元的に担う世界有数の包括的な開発援助機関であるJICAは、技術協力・有償資金協力・無償資金協力を中心としたさまざまな支援を展開しています。
また、商社やメーカーなどの一般企業や、NGO、大学、地方自治体といった組織、機関、市民が、より良いかたちで国際協力に携われるように“架け橋”となるのも私たちの役割。
JICAは、さまざまなアクターと協力し合いながら、開発途上国が抱える課題解決に取り組んでいます。

JICAが支援する理由

開発途上国の課題は、世界と日本の課題。
JICAが開発途上国を支援する理由をご紹介します。

VIEW MORE