モルドバの大臣から北海道への感謝状 -モルドバ共和国スラ農業・食品産業大臣からのメッセージ-

2015年11月27日

2015年11月25日(水)、モルドバ共和国農業・食品産業省のダン・プリサカルさんが、5年前に北海道でJICAの研修「農村振興(A)」コースに参加し、その後、農業・食品産業大臣に就任されたイオン・スラ大臣からの感謝状をJICA北海道の松島正明所長に届けてくださいました。

<スラ大臣からのメッセージ>

JICAの皆さんへ

この10年間、JICAと日本政府からモルドバ共和国にいただいた支援に対し、ここに私の感謝の気持ちと喜びをお伝えします。農業・食品産業省そして我が国の農業生産に携わっている人々を代表して、特に日本の国民の皆さんからの技術協力、資金協力に対し、感謝と喜びをお伝えしたいと思います。日本の皆さんからの支援なしに、今日におけるモルドバ共和国の農業生産における進歩はありませんでした。

またこの機会に、私はJICAと日本政府に対する私自身の感謝の念についてもお伝えしたいと思います。私は2010年のJICA研修「農村振興」コースに研修員として参加し、近代的な開発のコンセプトを深く理解するともに、私自身のキャリアにとって重要なヒントをたくさんいただきました。

どうぞ私の心からの感謝の思いをお受け取りください。

                           モルドバ共和国
                         農業・食品産業大臣
                            イオン・スラ

 
JICA北海道は来年20周年を迎えますが、昨年度までに1万2千人以上の研修員を開発途上国から受け入れてきました。研修員が北海道で習得した知識・技術が開発途上国の発展と研修員自身のキャリアアップに役立っています。また、北海道の農業・農村振興に関する経験や技術への高い評価が海外でも着実に広がっています。