ボランティアセミナー@東海大学、開催!!

2017年10月31日

10月27日金曜日、東海大学でボランティアセミナーを実施しました

ボランティアセミナーとは、私たちJICA職員や青年海外協力隊OB,OGが大学などに出向いて、制度の説明や青年海外協力隊の経験談を聞いて頂くセミナーです。

この日は協力隊員4名それぞれの、派遣前・中・後についてのプレゼンがあり、会場に集まった17名の学生の皆さんが熱心に耳を傾けてくれました。

【画像】

                         <会場の様子>

【スピーカー】
田澤あす美(2015年3月25日〜2017年3月24日派遣、インド・日本語教育)
上原史真子(2015年10月21日〜2017年10月20日派遣、メキシコ・コンピュータ技術)
谷本 亜紀(2015年9月28日〜2017年9月27日派遣、ウガンダ・コミュニティ開発)
出合 祐太(2008年3月24日〜2010年3月23日派遣、ブルキナファソ・野球)
野吾奈穂子(JICA北海道国際センター(札幌)職員)

【画像】 

        <田澤さん(写真右)>                  <上原さん>

【画像】 

          <谷本さん>                     <出合さん>

2年の任期を終えて先週帰国したばかりという隊員からはとてもフレッシュな経験談が聞けましたし、現地での活動がライフワークとして帰国後につながっているという事例まで様々。「自分の限界を自分で決めない現地の人の姿勢に教えられた」、「誰かのために働くことは自分のためになる。現地の人は金銭的に貧しくても心は豊か」、「流行に流されずに、やりたいことをやれるように」等のリアルな経験から語られるアツいメッセージがシェアされました。

派遣前には帰国後の就職に対する不安があったという方もいましたが、「辞めてでも行って良かった」、「自分で道を切り開けることがわかったから不安は解消された」という声を聞くことが出来ました。現地でのつながりがご縁で、現地の企業に内定をもらう事例も紹介されました。協力隊活動を通じて幅が広がりますね。

今回は特にグローバルな仕事に興味のある学生の皆さんに集まって頂いたので、JICAを中心とする様々なタイプの仕事があることや、何より自分の得意な分野や興味のある分野で働くことが重要であることをJICA職員からもご紹介しました。国際協力人材の募集サイト、PARTNERもぜひご活用を。

終了後のアンケートでは、「実際に行かれた方の生の声を聴くことができ、とても良い経験になった」、「自分の選択の幅が広がりました」、「たくさんの方から話を聞いて可能性は無限大だと感じた」というコメントが寄せられました。
セミナーの最後には、夏にJICAでインターンを経験した学生さんから、JICA北海道にある「ほっかいどう地球ひろば」訪問ツアーの企画提案がありました。JICA北海道では国際協力に興味のある方のご訪問を随時歓迎していますので、東海大学の皆さんの来訪が楽しみです。

ボランティアセミナーの開催に関心のある方、JICA北海道を訪問してみたいという方、どうぞお気軽にご連絡を!

(文責:JICA北海道 市民参加協力課 野吾 奈穂子)