JICAレストラン初の映画上映会で「もったいない!」を鑑賞!

2017年10月29日

10月16日の世界食料デーをきっかけに、世界中で問題となっている食料廃棄(フード・ロス)問題を考えるドキュメンタリー映画上映会を企画しました。
JICAレストランを会場とした上映は初めてです。10月29日の上映会当日は、日曜日の夕方という時間帯にも関わらず44名の市民の皆さまに足を運んで頂きました。

ドイツや日本、フランス、カメルーンなどの世界の国々の食料生産、輸送、販売のそれぞれの現場でとても多くの「まだ食べられるはずの食料」が捨てられていく様子は、見ていて胸が痛む映像でした。効率化や食品衛生問題に過剰に取り組んだ結果とも言えると思います。

JICA北海道ではこれからも、世界のさまざまな問題を取り上げて市民の皆さまに紹介していく機会を設けていきたいと考えています。
2017年4月にオープンした「ほっかいどう地球ひろば」は、こういった世界で起こっている問題を学ぶことが出来る施設ですので、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。
今回の会場となったJICAレストランも、来年、リニューアルされて新たに生まれ変わる予定です。
さらに地域のみなさまに愛される施設を目指してまいりますので、こちらもどうぞお楽しみに!

(文責:JICA北海道 市民参加協力課 野吾 奈穂子)

【画像】