(愛媛)平成30年度 地域国際化ステップアップセミナー in 四国

日時:
2018年11月7日(水曜日)
13時から17時20分(受付:12時30分から)
会場:
COMS 松山市男女共同参画推進センター 3階 会議室5
主催:
(一財)自治体国際化協会 市民国際プラザ  

共催:
  NPO法人えひめグローバルネットワーク 
後援(一部申請中):
  愛媛県、松山市、(公財)愛媛県国際交流協会、(公財)松山国際交流協会、(独)国際協力機構四国センター(JICA四国)、
 (特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇◆平成30年度 地域国際化ステップアップセミナー in 四国◆◇
国際協力で地域活性化 ~地域の強みを活かした、持続可能なまちづくりと国際協力の輪~

テーマは「国際協力で地域活性化」。
少子高齢化、過疎化の急速な進展への対応は喫緊の課題です。
対応するアプローチの一つとして、地域における国際協力が果たしうる役割について取り上げます。
各地域の培ってきた技術や産業などを開発途上国に移転することで、支援先国の発展や持続可能性に資することはもちろんのこと、結果として、支援を行う側の地域にはどのようなインパクトがもたらされるのでしょうか。
本セミナーでは、地域や国における持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた動きを軸に、国際協力を通じた地域の活性化の在り方を考える機会とします。

■対象:全国の自治体職員・地域国際化協会職員、NPO/NGO関係者、その他関心のある方(企業、学生、および一般市民)
■定員:50名(先着順。定員になり次第終了)
■参加費:無料
■プログラム:
・13時から
開会挨拶 

<話題提供>
・13時15分から
「内閣府 SDGs未来都市およびSDGsモデル事業について」(仮題)
内閣府 地方創生推進事務局 主査 大久保 淳氏

・13時40分から
「四国におけるSDGs推進の取組について ~愛媛県内子町の事例~」
公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン アドボカシーマネージャー 堀江 由美子氏

<事例紹介>
・14時15分から
事例1 「えひめ・スリランカ オレンジプロジェクト~愛媛県の温州みかん栽培技術をスリランカへ~」
公益財団法人 愛媛県国際交流協会 外国人生活相談室長 大森 典子氏

・14時40分から
事例2 「スリランカ紛争影響地域におけるコミュニティ主体の農業・酪農産業の復興支援 ~広島県神石高原町の有機農業家と共に~」
NPO法人ピースウィンズ・ジャパン 束村 康文氏

・15時10分から
事例3 「福井県大野市におけるCarrying Water Projectと東ティモール支援」
福井県大野市 一般財団法人水への恩返し財団 事務局長 帰山 寿章氏

・15時35分から
事例4 「松山市発! モザンビークとつながる四国のESD(持続可能な開発のための教育)」
NPO法人えひめグローバルネットワーク 代表理事 竹内 よし子氏

・16時10分から
<パネルディスカッション>
ファシリテーター 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン アドボカシーマネージャー 堀江 由美子氏
(注) 終了後、別会場にて会費制の懇親会を予定しています

■申込方法
下記のお申し込みフォームのリンクよりから入力し送信してください。
(注)申込フォームでお申込が出来ない場合は、(1)から(5)を記載の上、下記お申込み先のE-mailにお送りください。
(1)件名【11/7セミナー申込】
(2)お名前(ふりがな)
(3)ご所属、役職名
(4)ご連絡先(TEL、E-mail)
(5)懇親会参加の有無

お問い合わせ:
・お申し込み先
(一財)自治体国際化協会 市民国際プラザ  担当:泉水(せんすい)、小川
TEL:03-5213-1734 FAX:03-5213-1740
E-mail:international_cooperation@plaza-clair.jp
(申込締切:50名定員。定員となり次第受付終了)