踊りきった、よさこい祭り!

【写真】オシンディ さんABEイニシアティブ 研修員/ケニア出身 
オシンディ さん

 2014年9月から、高知大学農学部にて森林学を学んでいるケニア出身のオシンディさん。研修期間2年の間に、少しでも日本文化を学びたいと意欲的に活動しており、昨年8月には高知で最も有名な夏のお祭り「よさこい祭り」に踊り子として参加。その時の様子をお伝えします。

「よさこい」に参加

【画像】 Yosakoi is the most famous summer festival celebrated in Kochi Prefecture, Japan. The festival is really, well decorated, engaging, entertaining, and mind blowing. Although it runs for about four (4) days, I think for tourists, especially those interested in learning and participating in this culture, it might seem too short for you. I am saying this out of my experience, because I had a chance to participate in the “62nd Yosakoi Festival!” Let us go through it together.
 よさこいは、高知県で有名な夏のお祭りである。このお祭りは、町を彩り、楽しませ、心を弾ませる。4日間も続くお祭りだが、新しい文化に触れたいと思う観光客にとっては特に、4日間はあまりに短いと感じられるだろう。これは私自身が経験し、感じたことだ。なぜなら私は、「第62回よさこい祭り」に参加をするチャンスを得たのだから。

踊りを学ぶ難しさ

 The real task comes during the practice time, when some groups start a couple of months before the event, while others a few months to. My group practiced for about one and half (1.5) months; every day except for days off. That was one of the most challenging and engaging moments in life, because of various reasons. The obvious reason is my background; I was born and bred in Africa, a continent known for vigor and energy in music performances; uniquely, movement of virtually all the body parts at ago! Then, here comes Yosakoi, where I need to be a bit calm, and accurately coordinate all the body parts, in a specific position, hold the Naruko in the required way and alignment. Make sure the Naruko shakes at the required time; poor you if you are out of order. Actually, Naruko was an extra burden because I am used to dancing without any instrument on my hand.
 (よさこい祭りに参加するのに)本当に大変なのは、練習である。何か月も前から練習を始めるグループもあれば、ほんの数か月(数週間)だけ練習をするグループもある。私のグループは、1か月半前から練習を開始し、週末以外毎日練習をした。様々な理由から、私の人生の中で一番チャレンジングであり、何かに夢中になった時だった。一つ、明らかな理由は、私の背景にある。私は、活気とエネルギーにあふれた音楽パフォーマンスで知られるアフリカで生まれ育った。踊りは、一度に体全部を動かすのが特徴である。それに対し、よさこい踊りは、少し落ち着いて取り組む必要があった。体の部位を特別なポジションに動かし、鳴子を決められた通りに持ち、正確に表現する。鳴子を、決められたタイミングで鳴らすことも意識しなければならない。指示通りに動けないということは、なんと哀れなことか。手に何の楽器も持たずダンスをすることに慣れていた私にとっては、鳴子は大きな重荷(挑戦)だった。

Language was definitely another issuer; talk of the song, instructions and interactions- all in Japanese! Although my Japanese was not that bad, I had to depend on my Japanese partners in front and beside me during instruction time. It was funny though, because sometimes it could backfire, when all of them were doing something different; who the hell is doing the right thing? Fortunate enough, the continuous practice did me good, and for sure, I did make it…yaay!
次の問題は、間違いなく「言葉」である。歌の歌詞も、踊りの指導も何もかも全て日本語!私の日本語もそんなに悪くないとはいえ、自分のまわりにいる踊り子の踊り方を見て学ぶしかなかった。しかし面白いことに、時々、皆それぞれが違う動きをしていて、誰が正しい動きをしているのかわからず、困ったりした。そんな中、とにかく練習を続けることで、私はだんだんと踊れるようになった。

The performances are held in different parts of the city (Kochi), thus necessity for early preparations. At this time of year you will see an erection of temporary structures along streets, open spaces, and even halls. Even some major roads and streets are barricaded for Yosakoi purposes; it is party time! All these places are equipped with all safety measures, lighting systems, observation points and decorations that paint the face of a true Yosakoi mood.
高知市のいくつかの会場で、踊りを披露した。商店街を練り歩いて踊ったり、ステージや広い公園などで踊ったりした。よさこい祭りのために主要な道路や商店街の道が通行止めになっていた。そう、パーティーの時間だ!お祭りのムードを高めるために、上手く装飾されていた。

よさこいを踊ってみて

【画像】  Mind you, it is summer. You can imagine the sweating rates and fatigue; you got to be strong on this. Actually one of my friends referred to this as literally “swimming in your clothes!” The sweating and fatigue notwithstanding, the audience is always awesome cheering you to the end. They are always lined on both sides of the streets, maybe sited or standing, leaving the performances to astound them. There is no good feeling as to when you realize that someone is enjoying what you are doing; that keeps you moving and pushing on to the end. Some of the audiences even try to “fan you” (if there is such a phrase) just to cool you down. きもちがいいね (it is such a nice feeling).
 このお祭りは、夏まっただ中に行われる。どのくらい汗をかくのか想像できるだろうか。私の友人が、「衣装の中で泳いでいる気分だ」というほどに、だ。汗と疲労がピークに達した頃、観客からの応援に励まされる。踊り子が通り両側の通路に、座っている人、立っている人。自分がしていることが誰かを楽しませていると感じる時ほど、幸せなことはない。その気持ちが、最後まで自分の背中を押してくれる。観客の中には、うちわであおいでくれる人までいる。とても、気持ちがいいね。

個人メダルゲット!

【画像】 There are various prizes won during the Yosakoi festival, but I would like to emphasize on MEDALS! There are judge benches in all the performance, areas. The work of the judges is to identify best dancers, to whom the medals are given. One can collect as many medals as possible; the better your moves are, so are your chances to collect medals. It is actually a bad feeling if one fails to collect a medal in all the 3-4 days of performance! I won two medals. One of the medals that I won is called flower medal, and it is said to be the best of all medals in Yosakoi! Glad this happened to me…
 お祭り中、様々な賞がある。その中でも特に、個人メダルについてお話ししたい。各演舞場・競演場にて審査基準があり、上手な踊り子にはメダルが配られる。一人の踊り子がメダルを複数集めることができ、より上手に踊れば、より多くのメダルが与えられる。3、4日たってもメダルをもらえないのは、正直言ってとてもつらい。私は二つメダルを獲った。一つは記念メダル。そしてもう一つは「花メダル」。メダルがもらえて、本当によかった。

お祭りの感想

【画像】 My case was even unique, because I was the only African (not really sure) and maybe the first ever Kenyan to dance Yosakoi…yaay! So, most of the time faces could be turning at me- not only the audience but including the media…but do I say! “Sugoi” “Sugoi” were vocabularies of the day. Actually, I promised the media people that I want to teach Yosakoi moves back in Kenya; of course Kenyans need to know about Naruko and the “Monk in Love!”
Indeed, the participation in Yosakoi was a great happening to me. I may not participate in the subsequent ones but I will be always be heads high, spirit burning, and proudly saying “よさこいで踊りきった” (I made it in Yosakoi)!
 私の場合、少ないアフリカ人参加者として、おそらくケニア人としては初めての参加者として、お祭りに参加した、ユニークなケースだったと思う。そのため、たくさんの観客が、私を見て振り返った。それは観客だけではなく、メディアもそうだ。私は、取材に来たメディアの方々と約束した。ケニアの人たちにも、よさこいを教えたい。もちろん、鳴子の使い方と「よさこい節」の意味も。
よさこい祭りに参加できたのは、私に起こった最高の出来事となった。来年は参加できないかもしれないが、これからも「よさこい祭りで踊りきった」ことに誇りを持ち、常に熱いスピリットをもち続けたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
*ABEイニシアティブとは、「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(African Business Education Initiative for the Youth)」の略で、5年間で1000人のアフリカの若者に対し、日本の大学や大学院での教育に加え、日本企業でのインターンシップの機会を提供する研修プログラムで、アフリカの民間セクターや公的部門における人材育成、アフリカ各国が日本の優れた技術や日本企業への認識の深化、またそのために我が国を訪れるアフリカ人の増加に応えようとする支援策の1つです。