【ボランティア事業】徳島県のJICAボランティア4名が表敬訪問しました

2017年1月10日

徳島県庁にて左から角さん、上田さん、熊谷副知事、若田さん、森口さん>

現地で作成した資料などで熊谷副知事に活動報告を行いました。

 徳島県では2017年1月に出発する青年海外協力隊員の若田聡味さん(ボツワナ/コミュニティ開発)と、2年間の活動を終え帰国した青年海外協力隊員の森口佐紀さん(セントルシア/音楽)、シニア海外ボランティアの上田静雄さん(コロンビア/品質管理)、角明子さん(モロッコ/日本語教育)が徳島県庁と出身地の市役所を表敬訪問しました。
 若田さんは、「これまで仕事で携わった財務の知識を活かして、現地の人に寄り添った活動をしたい。」と意気込みを述べました。また、帰国したボランティアの森口さんは現地の小学校5校で校歌を作曲したことや、角さんは現地の日本文化イベントでの成功など、それぞれの成果を報告しました。
 熊谷副知事からは「帰国された皆さんはご苦労様でした。一層、逞しくなって帰ってきたようですね。若田さんも2年間、皆さんのように逞しくなって無事に帰ってきてください。」と激励と労いの言葉が送られました。