【愛媛県イベントレポート】「ブータン〜しあわせに生きるためのヒント」ブータン座談会を開催しました!

2016年8月22日

左から鈴木学芸員、山田OB、仁田JICA北陸支部長、中山アナウンサー

 愛媛県美術館で開催中の特別展「ブータン〜しあわせに生きるためのヒント」に合わせ、ブータン座談会を14日に開催しました。テレビ愛媛の中山明音アナウンサーの司会のもと、元ブータンJICA事務所長の仁田智樹JICA北陸支部長、青年海外協力隊ブータンOBの山田裕二さん、愛媛県美術館の鈴木有紀学芸員の3名がブータンの魅力を熱く語りました。

 仁田JICA北陸支部長はブータンの幸福度指数が高いことに関して、「ブータンの方々は今あるモノを分かち合うことで、みんなで満足している」とブータンの幸せのあり方について言及。青年海外協力隊OBの山田さんは、「外国人としてではなく、人間同士としてブータンの人びとと会話をしてほしい」とブータンと関わる魅力について語りました。鈴木学芸員は、「ブータンの人々は自分のことより相手を思いやっている様子だった」とブータンの印象を紹介しました。

 座談会中のブータン民族衣装試着コーナーでは聴講者の方々に「ゴ」を試着していただきました。会場からは時折驚きの声や笑い声が聞かれ、終始和やかな雰囲気での開催となりました。

※幸福度指数:国民の満足度や環境への負荷などから「国の幸福度」を計る指標