速報1!世界とHIRAHIRA第2弾「Tシャツアート展 in パラグアイ」開催報告

2016年10月28日

「中南米でHIRAHIRA」Tシャツ、パラグアイでひらひらしました!

 JICA四国では昨年に引き続き、今年5月、高知県黒潮町で行われた「Tシャツアート展」にて、「もう一つの日本〜中南米で見つけた四国の風景〜」をテーマにJICAボランティアが撮影した写真Tシャツを展示しました。これら日系社会を映したTシャツ30枚と、Tシャツアート展にて「中南米でひらひら賞」を受賞したTシャツ10枚が、JICAボランティアの活動するパラグアイでひらひらしています。
協力隊事業理解促進調査団※1に同行し、同国での展示の一つを実際に視察した、JICA四国高知デスクの杉尾がお伝えします。

※1派遣されている青年海外協力隊の活動等を現地視察し、JICAボランティア事業の意義や内容の理解促進を目的として実施された調査団

香川県出身隊員の活動先での展示

松本隊員の任地にて

 香川県出身の松本慎平隊員(職種:柔道)は、アスンシオン柔道連盟に所属し将来のオリンピック選手を目指す子どもたちを指導しています。本来なら休日のところを、調査団視察に合わせ練習をしてくれました。写真はしっかりと汗を流した練習後の一コマ。みんなでTシャツを手に持ってひらひら記念撮影です。
 その他現在7名の隊員の任地や活動先でTシャツ展示をしたとのことです。「中南米でひらひら賞」を受賞された方々へはパラグアイより、展示報告の絵葉書を送付しました。郵便事情があまり良くないため確実に届くか心配な声がありますが、間もなく受賞者の皆さまの元に届く予定です。

日本祭りでの展示

「砂浜美術館」ブース

「砂浜美術館」ブース

「高知よさこい踊り」の様子

・開催日:「日本文化と食の祭典:日本祭り」2016年10月15日(土)
・場所:アスンシオン市内 ジョッキー・クラブ

 日本人移住80周年祝賀行事のフィナーレを飾る「日本文化と食の祭典:日本祭り」の会場内に設けられた「EXPO JAPON-PARAGUAY2016第5回日本パラグアイ交流展」にて、各県の紹介ブースが設置されており、その高知県ブースでもTシャツを展示することができました。この展示は、今高知を元気にしている黒潮町の取り組みを紹介したいとして、パラグアイ高知県人会副会長兼アスンシオン高知県人会会長の渡辺土佐男氏を始めとする高知県人会の協力で実現しました。
 Tシャツの写真を通して、来場者は、パラグアイだけでなくアルゼンチンやブラジルの日系社会の様子を、興味深く観ていました。なお「日本祭り」では、炭坑節や和太鼓の他、高知のよさこい踊りも披露されており、会場は夜遅くまで熱気に包まれました。