パラグアイ移住80周年記念 世界とHIRAHIRA第2弾関連企画 高松空港とJICA横浜にてうちわとTシャツ展示中

2016年12月9日

パラグアイ移住80周年を記念して、高松空港とJICA横浜にて「世界とHIAHIRA第2弾関連企画」の展示を行っています。展示の詳細は次のとおりです。近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「パラグアイは夏!Tシャツアート展×中南米で見つけた四国の風景」 

【画像】展示期間:
2016年11月29日(火曜日)から2017年1月9日(月曜日・祝日)
10時00分〜18時00分(最終入館17時30分)
会場:JICA横浜 2階 回廊ギャラリー

5月に高知県黒潮町の砂浜で展示したJICAボランティアが撮影の「中南米で見つけた四国の風景」Tシャツ30枚は、パラグアイのボランティア活動先での展示を終えて、JICA横浜で展示をしています。同施設の吹き抜け部分を活用したダイナミックなTシャツ展示になっています。また、JICA横浜に隣接する海外移住資料館では移住80周年を記念したパラグアイ展が開催されておりますので、合わせてご覧ください。今回、パラグアイへの移住第一号が香川県小豆島出身の方であり、高知県からの移住者数が多いといった関係が深い地域であるため、初めてJICA横浜とのコラボ企画が実現しました。

「もう一つの日本〜中南米で見つけた四国の風景〜」うちわ展

【画像】展示期間:2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火)
会場:高松空港 そらの美術館

Tシャツアート展に提供のあった「中南米で見つけた四国の風景」写真及び日系社会次世代研修として来日した中学生と大学生が、「わたしの好きな日本」をテーマに絵や写真で表現し、うちわにしました。これらのうちわは、現在実施中の草の根技術協力事『業香川らしい国際協力プロジェクト「ラオスうちわ産業振興支援プログラム」』の協力を得て作製されています。うちわ展示に合わせて、パラグアイでのTシャツ展示の様子も紹介しております。年末年始に高松空港を利用される方は、2階の空の美術館へ足をお運びください。