【ボランティア事業】愛媛県のJICAボランティア2名が表敬訪問しました。

2016年12月26日

上甲俊史副知事(中央)から激励を受けた青年海外協力隊員の橘佳央莉さん(左)と宮崎ゆいさん(右)

 愛媛県では2017年1月に派遣される青年海外協力隊員の宮崎ゆいさん(モンゴル/看護師)と橘佳央莉さん(キルギス/家政・生活改善)が愛媛県庁と出身地の市役所を表敬訪問しました。
 
 上甲副知事から出発隊員の皆さんには、「えひめ海外協力大使」が委嘱され、「安全と健康に気をつけて、元気に帰ってきてください」という激励の言葉をいだきました。
 上甲副知事からの激励を受け、宮崎さんは、「日本の細やかな看護をモンゴルに伝えていきたい」との意気込みの言葉を述べました。また、橘さんは、「現場の目線に立ち、いち早くニーズに応えられるように活動していきたい」と抱負を述べました。
 二人の派遣国であるモンゴルとキルギスの冬の気温は、マイナス20度〜30度だそうです。派遣される1月は、まさに冬真っ只中ですので、寒さ対策を万全に、元気に活動してきてくださいね。