クリサダ泰日工業大学学長が旭日中綬章を綬章されました

2014年6月16日

JICAとご縁のあるクリサダー・ヴィサワティーラノン(英語名:Assoc. Prof. Dr. Krisada Visavateeranon)先生が平成26年度春の叙勲を受章されました。

クリサダ—先生は、2005年7月〜2007年8月の間、アセアン工学高等教育ネットワーク(AUN/SEED−Net)プロジェクトの第2代事務局長として、運営管理への貢献、特にタクシン首相(当時)をはじめとするタイ政府高官を通じたASEAN外交条理へのSEED−Netの打ち込みに貢献しました。さらには、フェーズ1までの事業実績を踏まえ、円滑なフェーズ2実施準備にも貢献しました。

また2007年にThai-Nichi Institute of Technology(泰日工業大学)学長に就任して以降、日本語教師、商業経営、コンピューター技術、工作機械、司書等、延べ13名の青年海外協力隊/シニア海外協力隊(JV/SV)を受け入れています。

タイ事務所池田所長がクリサダ—先生を表敬訪問し、受賞のお祝いを述べると共にJICA田中理事長の祝電を手渡しました。タイ事務所としては、引き続き泰日工業大学との関係・協力を続けていきます。

【画像】

池田所長(左)/クリサダ—学長(右)

【画像】

歓談の様子(中央は水谷コーディネーター)