H-FAMEがタイ政府の石油代替燃料開発計画に反映

2015年10月6日

9月17日タイ政府内のエネルギー審査会にて、改訂版石油代替燃料開発計画(AEDP:2015年−2036年)が正式に承認されました。
改定版AEDPではバイオディーゼルの消費目標を1日当り300万リットルから1400万リットルへと増加することが言及されています。
また、同計画中において当プロジェクトで開発されたH-FAME(注)は目標達成を支援する新たな燃料として明示されました。今回の改定に伴い、H-FAME製造技術が普及していくこと期待しています。

(注)H-FAME(脂肪酸メチルエステル-FAME- 部分水素化)技術
開発した技術は、従来型FAMEを部分水素化することにより酸化・熱安定性を大幅に改善し高品質化(製品名をH-FAMEと呼称)するものです。
現行のFAMEを温和な反応条件下で部分水素化処理し高品質化するため、少しの製造コストアップでバイオディーゼルの高品質化が可能です。
H-FAMEは世界燃料憲章ガイドライン品質を確保する安全・高品質なバイオディーゼルです。