• ホーム
  • JICA東北
  • 【山形県】『JICAfe東北inやまがた 「身近な国際協力〜中国・インドネシアを知ってみよう!〜第2回 インドネシア・パプア州編」を開催します。

【山形県】『JICAfe東北inやまがた 「身近な国際協力〜中国・インドネシアを知ってみよう!〜第2回 インドネシア・パプア州編」を開催します。

日時:
2017年9月24日(日曜日)14時00分から16時00分
会場:
山形県国際交流センター研修室
(霞城セントラル2階 ※JR山形駅直結 徒歩3分)【会場地図 新しいウインドウで開きます
主催:
独立行政法人 国際協力機構東北支部 (JICA東北)

インドネシア・ニューギニア島の西に位置するインドネシア・パプア州。山形県とパプア州は平成6年の姉妹県州締結後、様々な交流を行ってきました。
この度、山形県が実施しているJICA草の根技術協力事業の一環として、パプア州からJICA研修員3名が来県しております。そこで、パプア州の文化や山形県が行っている国際協力の事業について、パネルトーク形式でご紹介し、県民の皆さんとの交流を深めるイベントを開催します。
研修員からは、日本の印象や研修についてのお話のほか、パプア州で現在流行しているダンスや伝統的な歌などもご披露いただく予定です。
コーヒーを片手に国際協力について理解を深めてみませんか?みなさまのご参加お待ちしております。

※全プログラム日・インドネシア語通訳付き。
※現在、山形県ではJICA「草の根技術協力事業」で、友好州であるインドネシア・パプア州において「インドネシア・パプア州における大豆栽培技術向上支援」プロジェクトを行っています。このたび、パプア州出身の研修員3名が山形県農業総合研究センターにて約1か月間半の研修を行います。

内容(予定):
13時40分 開場
14時00分  開会
14時10分 山形県とパプア州の関わりについて
      講師:吉田 庸一 氏(山形パプア友好協会 会長)
14時40分 JICA草の根技術協力事業の紹介/現在実施している事業について
14時50分 研修員によるパネルトーク
-質問例)
「パプア州はどのようなところ?」
「日本に来て驚いたことは?」
「パプア州で流行しているダンスや伝統的な歌の披露」etc…
15時40分 研修員との交流会/フリートーク ※各グループに通訳が付きます
16時00分 閉会

参加費:無料/事前申し込みは不要です。

定員:各回 25名程度

お問い合わせ:
JICA山形デスク
電話番号:023-646-6267 ファックス:023-646-8860
Eメール:jicadpd-desk-yamagataken@jica.go.jp
〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル2F (公財)山形県国際交流協会(内)