• ホーム
  • JICA東北
  • トピックス
  • 2018年度
  • 【山形県】草の根技術協力事業「土壌汚染物質分析技術の確立による黒龍江省の土壌環境保全支援事業」の本邦研修が始まりました。

【山形県】草の根技術協力事業「土壌汚染物質分析技術の確立による黒龍江省の土壌環境保全支援事業」の本邦研修が始まりました。

2018年7月31日

研修員からの挨拶

山形県環境科学研究センターでの開講式

中国・黒龍江省と友好県省を結ぶ山形県では、JICA草の根技術協力事業を活用し、「土壌汚染物質分析技術の確立における黒龍江省の土壌環境保全支援事業」を行っています。

7月22日に、黒龍江省環境モニタリングセンターよりワン・ドンウェイさん、ジャン・ルイさんの2名が来県し、24日に山形県環境科学研究センターにて開講式が行われました。2名の研修員は8月6日までの約2週間、主に山形県環境科学研究センターにて、土壌汚染物質の分析技術に係る研修を行います。

また、JICA東北と山形県は、8月4日に、研修員を招いて市民向けの国際協力理解イベント『JICAfe東北inやまがた 中国・インドネシアからの研修員と交流すっべ!~国際協力を通じた交流~ 第1回 中国・黒龍江省編』を開催します。黒龍江省から来た研修員と交流ができる機会です。多くの方のご参加をお待ちしております!! (※詳しくは下記「関連リンク」をご覧ください。)