【青森県】JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト 青森県表彰式を開催しました。

2019年3月4日

世界のために自分たちができること

【画像】本コンテストは、次の世代を担う中学生・高校生を対象に、開発途上国の現状や開発途上国と日本との関係について理解を深め、国際社会の中で日本、そして自分たち一人ひとりがどのように行動すべきか考えることを目的として実施しています。今年のテーマは「世界の幸せのために私たちができること」。世界の課題解決に向けて、日々の生活の中できることや、将来の夢などを書いて頂きました。

【画像】青森県合同表彰式には、個人賞2名、学校賞1校の皆さまにご参加頂き、表彰と講評が行われました。(青森県の受賞者・受賞校は下部に記載しています)。
表彰の後は、独立行政法人国際協力機構東北センター所長賞を受賞した、若狭心音さん(今別町立今別中学校)によるエッセイの朗読。日々の生活でできる「小さなこと」から世界の幸せについて考えた受賞作品を力強く読み上げてもらいました。
今年度、青森県中学生の部450作品、高校生の部317作品もの応募がありました。たくさんのご応募誠にありがとうございます。

タンザニアとソロモンってどんなところ?

【画像】表彰式の後は、青年海外協力隊としてタンザニアとソロモンで活動していた奥山美沙さん(数学教育)による体験談を行いました。参加者にはどちらもあまり馴染みのない二ヵ国。現地の生活や、奥山さんが撮影してきた現地の学校の様子などをとても興味深そうに見ていました。また、海外に出たからこそ見えた地元・青森の良さや、現地で生活する中で考えた「家族の大切さ」といった、協力隊経験を通じて感じたこともお話頂きました。

受賞者の皆さま、お越し頂きありがとうございました。また、受賞誠におめでとうございます。

青森県の受賞者・受賞校のみなさま

中学生の部
【独立行政法人国際協力機構東北センター所長賞】
・青森県今別町立今別中学校 若狭 心音さん 「小さなことから」

【青森県青年海外協力協会会長賞】
・青森県八戸市立白銀南中学校 佐藤 那奈さん 「私だって、できること」

【学校賞】
・青森県八戸市立白銀中学校

・青森県八戸市立白銀南中学校

高校生の部
【独立行政法人国際協力機構東北センター所長賞】
・青森県立三沢高等学校 林 士真さん 「子供達に仕事と学校を-世界の幸せのために私たちができること-」

【青森県青年海外協力協会会長賞】
・青森県立田名部高等学校 祐川 実夕さん 「養護教諭が世界を変える」

【特別学校賞】
・大和山学園 松風塾高等学校

・青森県立田名部高等学校

【学校賞】
・青森県立八戸北高等学校

(報告:市民参加協力課 高橋)