観光振興とマーケティング(A)に参加した、ベリーズのエディーさん、東ティモールのシピさん、ミクロネシアのジュリーさんの見たNIPPON!

2017年8月8日

ベリーズのエディーさん

【画像】

【画像】

国名:ベリーズ/Belize
氏名:Mr. HERRERA Eddie Juan
参加研修名:観光振興とマーケティング(A)

多くの日本人がとても親しみやすく、できる限りの手助けをしたいと思っているようでした。一度、駅でお店を探していると、あるお店の店員がわざわざその探しているお店が入っている場所まで連れていってくれました。他にも何度か、時間が経ってしまうのを気にせずに、道案内のために立ち止まってくれる人々に出会いました。

手助けをしてくれようとする人々の中には、「手助け」以上のことをしてくれた人もいて、探している場所を見つけるために10分以上を費やしてくれたこともありました。

東ティモールのシピさん

【画像】

【画像】

国名:東ティモール/Timore-Leste
氏名:Ms. DOS SANTOS GUTERRES Cipriana
参加研修名:観光振興とマーケティング(A)

深く印象に残ったことは、日本人がとても親切にもてなしてくれたこと、他人に対する敬意、礼儀正しさ、勤勉さ、すばらしい食文化、治安の良さ、自然の美しさ、多様性でした。

ある駅のレストランで食事をした際に財布を忘れてきてしまったのですが、お店のウェイターがわざわざ探してくれて手元に戻ってきたことは、この先一生忘れられない出来事でした。とても感動しました。

ミクロネシアのジュリーさん

【画像】

【画像】

国名:ミクロネシア/Micronesia
氏名:Ms. SIGRAH Julie K
参加研修名:観光振興とマーケティング(A)

日本での滞在中に学び、多くの人に共有しなければと感じたことは、顧客志向の強さです。というのは、日本人は外国人にとても親切で、英語が話せなくても、笑顔でシンプルなジェスチャーを用いて道案内をしてくれたことがあったからです。好感を持つとともに、深く印象に残る出来事でした。