SEED-Netサンドイッチ博士プログラムに参加した、マレーシアのハナさん、ミャンマーのニラーさんが見たNIPPON!

2018年3月14日

マレーシアのハナさん

【画像】

【画像】

国名:マレーシア/Malaysia
氏名:Ms. Nurhana Binti Mohmad Rouyan
参加研修名:SEED-Net2017・機械・製造工学2・東京大学(SW)
研修期間:2017年9月25日から2018年3月17日

私が日本に来たのは今回が初めてで、多くの人から日本人がいかに仕事熱心で時間に厳しいかを聞いていたので、日本に来る前はとても不安でした。しかし空港に着くと、日本人はすべてにおいて規則正しく、とても協力的かつ効率的であることに気が付き、このことからも、どのようにして時間厳守が保たれているのかという私の疑問が少なくとも解けました。

TICで5か月半過ごしたことで、毎週末実施される多くのアクティビティに参加することができました。そのほとんどのアクティビティで私の知らなかった日本の新しい側面に触れることができました。街の散策では、建物同士が最適な間隔を保って最大限配置されていること、ごみ箱が多く設置されていなくても道が常にきれいに保たれていることに気付かされました。衛生的でかつ心地よい環境の中でともに生活するための日本人同士の結束だと思います。

地域の人たちとコミュニケーションを取る上で言葉の壁が大きな障害になると思われるかもしれませんが、決して手を差し伸べてくれないわけではありません。彼らのジェスチャーはとても丁寧です。研究仲間もまた家族と離れている私をアットホームな気持ちになるよういつも気にかけてくれます。

ミャンマーのニラーさん

【画像】

【画像】

国名:ミャンマー/Myanmar
氏名:Ms. NILAR Thein
参加研修名:SEED-Net2017・LSSJP情報工学2・東海大学(SW)
研修期間:2017年12月11日から2018年6月30日

「日本人はとても丁寧で親切」これが私の日本に対する第一印象です。道を聞きたい時、周りにいる人に気軽に尋ねることができます。日本人はとても現代的ですが、伝統を誇りに思い大切にします。すべての外国人に対して日本文化や環境について説明してくれます。

研究では、私は教授との議論を通じて高度な技術そして適切な管理を学び、他の学生やTICに滞在する他の研修員と知識を共有しています。

日本中どこへ行ってもゴミひとつ落ちておらず、きれいでとても安全です。私は東京の環境が好きです。外へ出かけると多くの木や植物を目にすることができ、そしていつどこへ行っても安全です。また、TICのイベントでは、日本の伝統や基礎的な知識が学べる多くの機会があり、私にとってとてもよい経験となりました。

今回このような機会を与えてくれたJICAに感謝するとともに、ここで築いた関係が今後も継続することを願っています。